バラ 2番花 クイーンエリザベスが咲きました。・・・そんなスピリッツが大好き。

Pocket

庭に植えていた、2番花クイーンエリザベス

が咲きました。

(6月24日撮影)このバラは大輪の花を

房咲きすることで人気がありますよね。

このクイーンエリザベスは、

グランディフローラ・ローズ

の系統で、ハイブリット・ティーと、

フロリバンダ・ローズの長所を取り入れた交配種で最初の品種が

クイーンエリザベスで1954年アメリカで初めて作出されたとされています。

四季咲きの房咲きで花付きも良く切り花に向いています。

また、ほっておくと背丈ほど伸びますので剪定はキッチリしましょうね。

 

梅雨時期は黒点病との闘い!!

 

この、梅雨時期はバラにとって一番の成長時期でもあり又、

黒点病との闘いの時期でもあります。

お手入れ次第で秋や、来年の花付きを左右しますので特にきを付けて育てないといけないですね。

薬剤散布は雨の降る前と、後にするのが効果的ですしかし、薬剤散布は散布回数が一緒でも、

散布タイミングで効きが違ってきます。

 

黒点病は一度、斑点が出てしまったら、いくら薬剤散布しとも元には戻りません。

なので予防で発生させないようにしすることがコツになります。

 

🌹 私は、このクイーンエリザベスに限らず60年以上前から種を絶えさずよう

綿々と、引き継がれるそんなスピリッツがたまらなく大好きです。

 

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です